May in the dark

生きるのに困ったら

頑張れない時もあれば、頑張りたいときもある。問題はどう頑張るか

心を取り戻して、4ヶ月立ちました。 案の定、梅雨の時期の6月は少し病みましたが、低空飛行のまま乗り切ることが出来ました。 大勢の方にとっては、夏の暑さは本当に危険で、熱中症による死の危険が迫っているのですが、私にとっては恵みの夏です。 然るべ…

人として信頼されていることは嬉しく思う

人として信頼していると、信頼する上司に言われることほど嬉しいことはない。 嬉しいことはないが、3年間ずっと、戦国時代で言う殿みたいなこと。つまり、製品の撤退処理であったり、同期や先輩が残したクソなもののおもりをしたり、営業や企画が残したもの…

それは闇ではなかった

最近、闇を感じることが少なくなりました。 今まで闇に苦しんでいた自分にとっては、確かに一瞬希望にも思えたのですが、そうではなかった。 今まで自分が闇だと思っていたものを、必死にもがいてかき分けて精査していくと、そこには「何もない」がある。と…

心を取り戻して一ヶ月が経過しました。

心を取り戻してから一ヶ月。正確には二ヶ月くらいですが、4月始まりで計算したほうが切りが良いので、そういうことにしました。 取り戻したと言っても、前にどこかで書いたように、人の心は年輪のように成長していくので、心が死んで腐っていた次期に形成さ…

蓄積された怒りをどう発散すれば良いのか

怒りの感情ってアレルギー反応みたいなものだと思ってて、体内の一定の許容値をオーバーすれば発症する花粉症だと思ってる。 蓄積された怒りをどう鎮めるのか。 そしてその怒りが自分の原動力になっている場合は、どうしたらいいのか。 まず、大前提として、…

腐ったまま死にたくない

最近調子が良かったんだけど、急にまたガクッと折れた。 ベロシティが急激に下る感じ。分かる。分かるよー。この状態に入ると、何も出来なくなる。まず、読字困難になる。3行以上読めない。書けない。発話できない。 で、何故か奇跡的にこの状態を俯瞰する…

躁うつ病(双極性障害)の説明に出てくるグラフは間違ってる

躁うつ病(双極性障害)の説明に出てくるグラフは間違ってる 病院とか、メンタル系の本で必ずと言ってもいいほど出てくる、こういう感じの図 https://stat.ameba.jp/user_images/20091230/12/harmonic-soul/ca/c2/j/o0800043710358154002.jpg から引用 y軸の…

The dark may be with 2018

2018年になりました。 2017年の振り返りにも書いたとおり、いつの間にか自分の中では裏ブログであるこちらのほうがメインになってきました。最初は「とりあえずネットに公開するけど、むしろぐぐって引っかからないくらいのPVがいいな」と思っていたのですが…

世の中、みんな、怒ってるの

世の中皆、怒ってます。 何に怒っているのかはわかりません。ネットの調子が悪いことに起こっているのかもしれないし、会社で先輩に企画書を跳ねられたことに起こっているのかもしれないし、夫がポンコツで怒っているのかもしれないし。 皆、怒ってます。 喜…

闇とともに2017年を振り返る

「闇とともに」って言いたいだけだろ! 今年、個人的に一番大きかった変化の1つに、このブログを始めたことがある。未だに本家のブログのPV数には達しないのだが、2017年更新回数は表2、裏10回以上と、結構書いてきた。 2017年は何をしたか。正直なにもして…

人の心は、沢山の小さなPTSDで出来ている。

PTSD。心的外傷。所謂トラウマってやつですが、多かれ少なかれこれは皆持ってます。 フラッシュバックってやつですねー。 というより、人間、生きるのにはこのPTSD という機構は非常に大事なもので、例えば「近くに雷が落ちてきて死にかけた!」という情報は…

kindle Oasis を買った

今更kindle 買ったの!?!? と思われるくらいに今更ですが、Kindle Oasis を買いました。 かねてより、文字の難読状態が続く私で、どうにもこうにも、本を買うものの読めない。永遠に積み上がっていく。 いっその事、電子書籍にしようか。冬のボーナスも入…

闇の正体

自分がどうしてこんなにしんどいのか、原因を探し求めはや5年。 精神科に通い、脳外科でMRIも撮影し、消化が悪くて体も細くて体調(とメンタル)にも影響が出ているんじゃないかとか、そもそも仕事で上手く行っていないのが悪いんじゃないかとか。 結論は、…

始まりも終わりも突然に

三週間近く続いた軽躁状態がさっくり終了し、再びダウナーモードがやってきた。 私はII型なので、まぁ、これと言った分かりやすい躁状態はない。外から見えるのは、「こいつ、いつも調子悪そうやのに、今日は元気そうやな〜」っていうのが私の躁状態。つまり…

心の病気は自分にも見えない

過去に様々な医者に出会って、色々な診断を受けてきた。 (多分精神科に限らないと思うけど)医者って大きく2つのパターンがあって 社会性を気にして、診断名をはっきりしないタイプ 逆に、疑わしきは罰せよの精神で、仮診断をはっきりさせて、徐々に変えて…

音楽は、♯とか♭とかを1音で表せるようにすればいいと思う

音楽は、♯とか♭とかを1音で表せるようにすればいいと思う 本当にただの雑談 右脳を使うことはあまり得意ではないが、いつかやってみたいなーって漠然と思っているのが音楽。 ただ、小さい頃から困っていることがあって、「ドレミファソラシドは一音で発音で…

コミュ障が世界を救う

そう信じて生きろ死ぬな 1989年。若い人はもう殆ど知らない。私だって生まれていない。連続幼女誘拐殺人事件という事件があり、この犯人の部屋のオタクグッズの数々から「オタク=犯罪者予備軍」の認識が広がった。 2017年。当時に比べれば、オタクのことを…

親が教師だったら、子どもは不登校になりやすい。

そんなの、至極当たり前の話じゃないか。なんで、みんなわからないんだ。 というのが今日のテーマ。 普通の家庭の場合、兄や姉は、弟、妹が生まれるたびに、愛情が分散し、単純に計算すれば、親から得られる愛情の量は半減する。いやいや、子どもが何人生ま…

何を差し置いてでもビジュアルは大事

他の国の事は知らないが、少なくともこの日本という国において、ビジュアルというのは他の全ての要素を差し置いて、圧倒的に大事な要素だ。 物凄くわかりやすく有名な例え話だけど、 2人の男性保育士が居て、片方はイケメン、片方はキモオタ顔。校外学習(…

澱み

将来、人類は2つに分かれていく。 なんて書き出しはじめると、「あぁ、また意識の高い系の話か」と、思われるし、私もそう思う。 「英語ができる人間と出来ない人間に分かれていく」とか「プログラミング出来るやつと出来ないやつに分かれていく」とかが典…

大企業に入ってとりあえず3年たつやつのボヤキ

とある大企業に新卒で入社してそろそろ3年経過します。所謂「3日でやめるか、三ヶ月でやめるか、三年でやめるか」と言われる三年がもうすぐくるのです。 三年近く大企業という組織に居た振り返り(主にバッドプラクティス)を書きます。 # 学生時代考えて…

インターネットは心地よい居場所ではなくなった

高校生の頃も、私は今みたいに面白くなさそうな表情で日常を行きていたと思う。死にたいともつぶやいていたと思う。18歳以降生きるビジョンが見えなかったし、本当にどうしたらいいかわからなかった。 今にして思えば、あの時私がすべきことは一心不乱に学校…

精神を壊した後の後遺症

あくまで私の場合なんだけど。 全部で3つ。 1. 頭が悪くなった。 2. 文章が読めなくなった 3. 人と関わるのが億劫になった それぞれ詳解に書いていく。 1. 頭が悪くなった さらに細かく分解すると、「集中力が落ちた」に全て集約されると思ってて、深い思考…

本田くらいがちょうどいい。それくらいこの国は病んでいる

以前、サッカーの本田選手が自殺に関する事を発言して炎上してたが、あれくらいがちょうどいい。俺がやったんだ!って。それくらいこの国は病んでいる。他人に感謝している余裕なんて無いくらい、余裕がない。それくらい病んでいるの。 今、生きる私たちは、…

子どもが死にたいって言い出したら。ましてや本当に実行してしまったら、あなたはもうその子の親じゃありません。

批判と非難を恐れずに先に私の結論を書く。 いかなる理由であれ、子ども(定義が曖昧なのでここでは成人前、二十歳未満とする)が自殺したら、例えどんな事件や理由があろうとも、それはもう完全に親の責任で、親失格だ。その子の親を名乗る権利は無い。 子…

鬱のサイクル

前回の更新(2016年12月)から約半年(2017年5月)に鬱期がやってきたが、やはり私は半年サイクルで鬱になるようだ。それを超えれば楽になっているので、もうこれはある種大きな生理現象として諦めるしかなさそうだ。 ということで、次は11月に一ヶ月休める…

人間を1週間で精神的に病ませる方法

極めて簡単で、1日6時間、シャベルを持って穴を掘らせる。意図はない。あったとしても「ただ掘れ」とだけ伝える。 そしたら、今度は6時間で、掘った穴を埋めろという。もちろん意図はないし、あったとしても伝えない。 これを7日間繰り返す。7日でダメな…

黒背景に白字って怖いよね

表題の「黒背景に白字が怖い」っていう感情は、多くの人間の本能に近いレイヤーだと思ってて、多分、何かしらの危険を知らせる信号だったんじゃないかなーって思う。 私の中では、この色はすごい安心感のある色で、私のことを守ってくれるような、安心感を覚…

人間の心は木々の年輪のような構造

これ、あまり心理学会でもキレイな解説が無いんだけど、 個としての人の心は地層の構造と極めて似ている。 人の心は、地層だったり、木々の年輪だったり、要するに、幾つもの層が重なって出来ている。 最も中心には、胎児期の心があり、最も表層には現在の自…

滅びゆく故郷、色あせていく情景、廃れていく社会、そして

私は大阪出身なのですが、外国人に故郷を説明する時は、「京都出身だよ」的な感じで、エセ京都人をしてます。 というのも、外国人に伝わる日本の地名って、「Kyoto」「Tokyo」「Fukushima」「Mt.Fuji」くらいしか無くて、(福島が入ってるのが辛いところです…